起業を自営業でスタートし慣らし運転が得策ーその3選

自営業の届け出は無料

事業を始めようと思えば、誰でも会社を作ろうとします。株式会社の資本金は0円で始められる時代ですが、法人登記をするには行政書士などに依頼すると30万円ほどかかります。有限会社などもありますが、登記にはやはり10~30万円程度は必要になります。資本金を集めたり、定款や役員名簿などの書類作成も面倒で、そのための準備にも時間がかかります。ところが、自営業の開業には、これらの書類や資本金などは必要ありません。税務署と都道府県税事務所に行けば書類があるので、それを出すだけです。

自宅で簡単に始められます

サラリーマンを辞めて起業を興そうとスタートしても、そう簡単に軌道に乗るものではありません。そのために、事務所を自宅に構えて始めるのは賢明な方法です。また、最初に構想していた事業を実際に行ってみると、事業にならないということもあります。これでは、株式会社を作るには定款が必要ですが、事業内容を考えて作成しても意味がありません。ましたや、すべて費用がかかるのです。それであれば、軌道にのるまでは自営業の届け出スタートする方が得策といえます。

自宅が事務所の注意点

自営業を始めるにあたって注意しなければならないことがあります。大抵の人は自宅を事務所としてスタートしますが、公私混同の区別を明確にしておかなければなりません。車を使うのであれば、仕事で使用したガソリン代と、私用の買い物や旅行などで使ったガソリン代を分けて、月次決算しておかなければなりません。法人登記を行えば、交際費名目は認められますが、自営業の場合は収入と支出は複雑ではありません。収入のためのに使われる費用だけなのです。

フランチャイズとは、飲食店やコンビニに多い経営のやりかたで、本店と契約を結んだ人が、本店の名前やノウハウを使ってお店を出すことができます。